あなたは自分の老後の生活をイメージできていますか?

そう問われても明確にイメージできている人はそう多くはないでしょう。

なぜなら、いつまでも元気で暮らしたいという希望はあるけれど、元気で暮らしていけるかどうか自信が持てないからです。

いくら健康に気を遣っていても、歳を重ねればいつの間にか体にガタがきて、病気を患いながら老後を過ごし、シルバー川柳を例に例えると「デザートは昔ケーキで今くすり」などと揶揄されるような生活をイメージされている人が多いのではないでしょうか。

 

今は人生100年時代と言われています。

日本における百寿者(100歳以上の年齢の方)の人口は48年連続増え続け、その数は約7万人にも上ります。

すると、健康に気遣って暮らしていれば100歳まで長生きできる可能性もあれば、病気で80歳まで生きれない可能性もあるわけです。

でも、健康に関する情報は溢れかえっており、いくら健康番組を見たところでなかなか習慣化できず、思い出そうにも思い出せないことがよくあります。

また、一見相反するような情報を耳にすることもあり、また、何が自分にとってのベストな方法なのかはわかりません。

ですから、「健康」は人生における最も関心の高いキーワードになるのです。

老化研究の飛躍的な進歩

最近は、老化研究も非常に盛んに行われており、先人たちが夢にまで見た「若返りの薬」さえも夢ではなくなってきました。

最新科学の見地を利用して、健康に長生きできる秘密を生活の中に落とし込むことができれば、健康をあまり意識しない同年齢の人より若々しく、活力に満ち溢れて、生き生きと暮らすことができる可能性があるのです。

スマートフードサイエンスのアンチエイジングサービス

スマートフードサイエンスでは、最新の老化研究で得られた見地から、アンチエイジングの重要なポイントである抗酸化、抗糖化、抗炎症の観点から食生活を中心としたライフスタイルの改善を個人/グループコンサルティング、セミナーなどのサービスを通じて提供させていただいております。

※最新の疫学、細胞実験、動物実験、ヒトにおけるアンチエイジング指標の改善が期待しうるエッセンスを盛り込んだ生活習慣改善プログラムを提供しており、お客様の寿命が確実に延ばすことが保証されるわけではないことをご留意ください。